◎コンテストの応募登録は締切ました。

◎質疑への回答を掲載しました。

※コンテストの概要をまとめた新しいチラシが完成しました。

チラシ  PDF

※参加資格の一部に訂正がありました。

       詳しくは、募集要項をご確認ください。

開催趣旨

 私たち全国建設業協同組合連合会(全建協連)は、スケールメリットを活かした事業を通して建設業の魅力発信のためのプロジェクトを展開しています。昨年度は「自信と誇りを着る」をテーマに「ユニフォームデザインプロジェクト」を開催し、現場で働く人たちの作業着を若い人たちと一緒になって考えてみました。


 今年度の「KOJICHUプロジェクト」は現場を通して建設業の魅力を発信しようというプロジェクトです。技術者の「やりがい」は工事現場から培われていくものです。そこで、大学院生、大学生、高専生、専門学校生、高校生を対象として、工事現場の仮囲いデザインのアイデアコンテストを開催する運びとなりました。多くの学生諸君の参加を期待しています。


主催者 全国建設業協同組合連合会 会長 青柳 剛

デザインテーマ:「工事中と人々を結ぶ装置」

 とかく工事中の建物は仮囲いに囲まれ、足場や養生シートに覆われて中の様子を伺い知ることができません。でも昔は住宅街の中でも新築中の家の現場では大工さんの働く様子がよく見えて、子どもたちは時々大工さんにかんな屑や材木の切れ端なんかもらったりして、家が建ち上がるのを見るのがとても楽しみでした。


 もう一度そんな工事現場がつくれないでしようか ? それが今回の課題です。


 パリやウィーンの現場では現場内の常設の見学コースや展望台、また計画中の建物の外壁をかたどった実際の敷地での展示など、様々な魅力的な「工事中」に出会ったことがあります。


 工事中の現場を包み隠すのではなく、日々建ち上がる建築の楽しさや力強さ、美しさを伝えるものにできないでしょうか。


 そこに働く人たちにとってはそれが晴れ舞台となり、それを見守る人々にとっては建築が刻々と変化し築かれて行く様を観賞する観覧席となるようなアイディアを募ります。


 グラフィックなどの単なる仮囲いのデザインを超えて、「工事中」と「人々」を結びつける「装置」のデザインを期待しています。


審査委員長 古谷 誠章

主催全国建設業協同組合連合会
協賛東日本建設業保証株式会社
後援(一社)全国建設業協会
(一社)全国建設産業団体連合会
(一財)建設業振興基金
西日本建設業保証株式会社

審査委員

審査委員長古谷 誠章建築家/NASCA 主宰、早稲田大学教授
宮崎  桂クリエイティブディレクター/株式会社 KMD 代表取締役
大西 麻貴建築家/O+h共同主宰、横浜国立大学客員準教授
五道 仁実国土交通省 大臣官房 技術審議官
北村 知久国土交通省 大臣官房 建設流通政策審議官
佐々木 基一般財団法人 建設業振興基金 理事長
藏谷 伸一全国建設業協同組合連合会 副会長

賞金

最優秀賞1点50万円
優秀賞1点25万円
入選5点各5万円

デザインコンテスト スケジュール

応募登録受付・質疑受付開始平成30年10月17日(水)
質疑受付締切平成30年11月20日(火)15時
質疑回答平成30年11月28日(水)
応募登録締切平成30年12月10日(月)15時
登録番号配布終了
作品提出締切平成31年 1月21日(月)15時必着
一次審査結果発表平成31年 1月30日(水)
公開プレゼンテーション平成31年 2月14日(木)
2次審査結果公表平成31年 2月14日(木)

対象地及び周辺の写真

対象地及び周辺の動画

1.募集要項  PDF

2.応募用紙  PDF

3.チラシ  PDF

4.図面  PDF